ホスホイノシチド

細胞膜の内側に多いホスファチジルイノシトール(PtdIns)(イノシトールリン脂質)がリン酸化されるとホスホイノシチドを生じ、様々なシグナル伝達経路に影響を与える。イノシトール環の3’、4’、5’位が可逆的なリン酸化修飾を受けるが、量として多く存在するものはPtdIns (4) PとPtdIns (4, 5) P2である。

PtdIns (4, 5) P2がPLCやPLA2により切断されるとDG(ジアシルグリセロール)とIns (1, 4, 5) P3が生成される。DGはPKC、Ins (1, 4, 5) P3は小胞体のカルシウムチャネルなどを通じてシグナルが伝達されていく。PKCにはConventional型(α、β、γ)、novel型(δ、ε、η、θ)、atypical型(ζ、λ/τ)が存在し、cPKCやnPKCがDAGにより活性化される。cPKCの活性化にはCa2+も必要である。aPKCはPtdIns (3, 4, 5) P3やセラミドにより活性化される。

PtdIns (4, 5) P2あるいはPtdIns (3, 4) P2がPI3Kによりリン酸化されるとPtdIns (3, 4, 5) P3が生じ、これはPtdIns (4, 5) P2のように種々のタンパク質をリクルートしたり活性化させる他、PDKやAkt/PKBなども活性化させる。なおAkt/PKBはPtdIns (3, 4, 5) P3の他PtdIns (3, 4) P2によってもリクルートされ、PDK1とPDK2によるリン酸化を受けて活性化される。PtdIns (3, 4, 5) P3はPTENにより脱リン酸化されるとPtdIns (4, 5) P2を生じ、SHIP-1、2により脱リン酸化されるとPtdIns (3, 4) P2を生じる。

PI3KはClass IA、IB、II、IIIに分類される。Class IA PI3KはPtdIns (4, 5) P2を基質とする。このグループに属するものにはp110α、p110β、p110δがあり、これらは調節サブユニットp85α、p85β、p55α、p55γ、p50αのいずれかと複合体を形成する。Class IBに属するものにはp110γがあり、これはp101もしくはp87と複合体を形成する。Class IIに属するものにはPIK3C2α、PIK3C2β、PIK3C2γがある。Class IIIに属するものにはPIK3C3(Vps34)があり、これはPIK3R4(Vps15あるいはp150としても知られる)と複合体を形成する。





その他の参考文献
Paolo & Camilli, 2006 # 509
Song et al., 2012 #535


  • 最終更新:2013-02-13 15:05:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード