自律神経系

自律神経系の遠心路は胸腰髄に起始する交感神経系と脳幹および仙髄に起始する副交感神経系の二つの系より構成される。いずれの系においても中枢神経から出たニューロンは効果器に至る間にシナプスを形成してニューロンを変える。そのシナプス接合部を自律神経節と呼ぶ。中枢神経系内に細胞体をもつニューロンを節前ニューロン、自律神経節内に細胞体をもつニューロンを節後ニューロンと呼ぶ。内臓からの情報は自律神経遠心性繊維とほぼ平行に走行する内臓求心性繊維を通じて中枢神経系に伝えられる。交感神経節後繊維からは一般にノルアドレナリンが放出される。汗腺や骨格筋の一部の血管を支配する交感神経節後繊維ではアセチルコリンが放出される。副交感神経節後繊維からは一般にアセチルコリンが放出される。内臓器官の多くは交感神経と副交感神経の遠心性繊維によって二重に支配されている。一般にそれらの作用は相反的であり、またノルアドレナリンとアセチルコリンは互いの放出を抑制し合う。自律神経遠心繊維は一般に常時自発性に活動しており、これをトーヌスと呼ぶ。トーヌスは自律神経中枢の支配を受けて増減し、それによって効果器の機能は調節される。ノルアドレナリンが作用するカテコールアミン受容体は種々の作動薬や遮断薬に対する感受性の違いからα1、2、β1〜3に分類される。α1受容体は血管収縮や胃腸管、膀胱の括約筋の収縮に関与する。α2受容体は主に神経のシナプス前終末に存在し、伝達物質の放出に抑制的に働く。これは交感神経節後繊維の興奮伝達の自己調節に関わっている。β1受容体は心拍数増加、心収縮力増大などに関与し、β2受容体は血管拡張、気管支拡張、胃腸壁平滑筋弛緩などに関与している。β3受容体は脂肪分解に関与する。カテコールアミン受容体には主に副腎髄質から分泌されるアドレナリンも結合する。アセチルコリン受容体にはニコチン性受容体とムスカリン性受容体があり、前者は節後ニューロンの細胞体と副腎髄質細胞に、後者は主に自律神経支配の効果器に存在する。

消化管壁内の壁内神経叢(腸神経系とも言う)は消化管の機能を局所的に調節しており、これは第三の自律神経系と呼ばれる事もある。

加齢に伴い、体の多くの部分で、静止状態での交感神経の活動状態は増加する。血中アドレナリン濃度も増加が認められる。心臓、骨格筋、副腎、肝臓などでは交感神経の活性化が認められているが、腎臓のようにそうでない組織も存在する。内臓脂肪の増加と交感神経の活性化の相関性も報告されており、加齢に伴う交感神経の活性化にも寄与していると考えられる。レプチンも交感神経を活性化させる作用を持つ。交感神経が活性化する一方で、心臓ではα/βカテコールアミン受容体の感受性が低下していき、最大心拍数の低下はこの事に起因しているものと考えられている。副交感神経の加齢変化についてはあまり報告が無い(Hotta & Uchida, 2010 #439)。

  • 最終更新:2013-02-13 15:17:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード