GADD45

Growth arrest and DNA damage(GADD)inducible gene familyにはGADD34、GADD45α、β、γ、GADD153が存在し、単にGADD45と言った場合にはGADD45αの事を指す。これらはいずれも核に局在し、ストレスにより発現が誘導され、細胞周期の停止やアポトーシスを誘導する。

GADD45αの発現はp53やp63、p73により促進され、NFkBやc-Mycにより抑制される。GADD45αはCdk1を抑制し、G2/M期で細胞周期を停止させる。GADD45αはBERやNERも活性化させる。GADD45αはp21と競合してPCNAに結合する。

その他の参考文献
Siafakas & Richardson, 2009 # 541


  • 最終更新:2013-02-13 13:48:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード