Metformin

Metforminは糖尿病の治療に用いられ、肝臓における糖新生を抑制するなどの効果を示す。MetforminはOCT1の高発現の為に肝臓に多く取り込まれる。Metforminの作用にはAMPKの活性化が重要であると考えられていたが、近年ではAMPKやLKB1が抑制されている場合にもMetforminが効果を示す事などが示されている。Metforminは呼吸鎖複合体Iの機能を抑制し、AMPKの活性化はそれに付随するものであると考えられる。



  • 最終更新:2013-02-13 13:57:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード